ブリティッシュパブThe Old Arrowのパブリカン日報

2017年に西荻窪に誕生した、ローカル マイクロ ブリティッシュ パブ「オールドアロウ」パブリカンのブログです。

ウクライナやポーランドの美味しいお酒「ナレフカ」

まだ知られていない魅惑のお酒

ウクライナポーランドには昔から飲まれている「ナレフカ=Nalewka」という美味しいお酒があります。

ブリティッシュ パブであるオールドアロウでは、何故かこのナレフカが提供されています。

 

ナレフカは基本的にベリー系やチェリー系の果実をウォッカスピリタスに漬けて熟成させたお酒で、日本の梅酒に近いものがあります。

 

甘く、香り豊かで、カ〜ッ!と来るものもあれば滑らかで飲みやすのもありました。

f:id:oldarrow:20220404103717j:plain

2020年から仕込む度に少しずつバージョンアップしているオールドアロウのナレフカ

 

ウクライナポーランドで入ったバーにはだいたいこのナレフカがあり、ナレフカ専門店やチェリーナレフカだけを提供するオシャレなスタンディングパブもあって、若い人たちにも大人気でした。

ウォッカってロシアのお酒でしょ?」と皆さん言われますが、実はポーランド生まれのお酒なんです (ただしこれは両者の主張が一歩も譲らないので決着がついてません) 。

 

日本でナレフカが飲める酒場

多分まだ無いとおもいます。

ミードの提供を始めた当時もそうだったんですが、現時点では何と言っても知名度が低すぎ、お酒の仕事をしている人すらも知らないマニアックなお酒ということで、皆さん一様に「これはどうやって飲むものなんですか?どこのお酒なんですか?」、、、という感じです。

 

だからこそ「提供してみたい!知ってもらいたい!」という気持ちも強く湧いて来ます。

 

支配人がウクライナポーランドの旅をした時に出会ったこのナレフカがあまりにも美味しく気に入ってしまったので、バーやレストランに入る度に飲んでいました。

旅をしながら「自分の店でもあんな感じで提供できたら、、、」とか、「ナレフカ専門の立ち飲みパブもやりたいな〜」などと妄想が膨らませていましたが、向こうで買ったナレフカたちはレシートを捨ててしまったがために乗り換え空港で没収され、残念ながら日本には持ち帰れませんでした。

 

なので向こうで飲んだ味と香りの記憶だけを頼りに試行錯誤して自分で作り、2020年初頭からオールドアロウで提供を始める様になりました。

 

f:id:oldarrow:20220404103848j:plain

仕込み中のサワーチェリーナレフカ、大量の果実を使う贅沢なお酒

 

 

しかし折悪しくCOVID-19が猛威を奮い、自粛・時短要請などによりお酒自体の提供が制限されてしまいました。

 

そんな中でも来店してくれるお客さんが物珍しさで注文してくれては「これは美味しい!」と確実にコアなファンを獲得していきました。

自粛・休業要請の初期に、飲食店でお酒の持ち帰りが出来るという特例措置「期限付酒類小売免許」が公布された時は、あのナレフカを持ち帰りたい!と言って来てくれるファンの方もいたほど。

 

幾つかのバッチを経て味が固まってきたのて、スポット商品的扱いだったナレフカをこの度のメニュー改定に伴いレギュラーに昇格させました!

提供価格の割にコストが高く、仕込むのにも時間がかかるのですが、今のところは情熱で何とかしのいでおります(笑)。

 

追憶のウクライナ

2022年現在、ロシアの侵攻により戦火に包まれているウクライナ

まさかこんなことになるとは、残念で仕方なく、悲しい気持ちで一杯です。

 

先日たまたまテレビをつけたらニュース番組が映り、銀座のレストランをインタビューしている図がありました。

「このお店では今月いっぱいウクライナ料理のボルシチを提供して売り上げの一部を寄付金に」とか言ってました。

考え方はひとそれぞれなので何をやろうと勝手ですが、支配人はこの状況で人の悲劇を客寄せに使う行為には全く共感しません。

f:id:oldarrow:20220404104806j:plain

寒い中ひたすら歩き回ったキエフの街

 

オールドアロウのナレフカは戦争と何の関係もなく、戦争が始まる前から提供されていたものですので、当店でナレフカを飲んで頂いても1円も寄付されませんが、ナレフカを知ってもらいたいのと、ウクライナポーランドに興味を持ってもらいたいという気持ちは戦争が始まってからも、その前からも、何の変化もなく一徹です。

f:id:oldarrow:20220404104700j:plain

キエフ(キーウ)中央駅へ続く大通り

 

何か力になりたいとお考えの方はカウンターにひっそり募金ジョッキを置いておりますので、そちらへどうぞ。

特に何の告知もせずカウンターに置いておいただけなんですが、2022年3月の1ヶ月間で14,785円が集まりました。

 

お預かりしたお金は支配人が飲み代に使いたい気持ちをグッと堪え、責任持って全額ウクライナ大使館に振り込みを致しましす。

なお大使館への募金は武器には使用されず、人道支援やインフラ整備にのみ使用されるとのことです。

 

ウクライナのチェリーナレフカ専門店

f:id:oldarrow:20220404104616j:plain

在りし日のウクライナのチェリーナレフカ専門パブ

 

話はそれましたが、何と言っても感銘を受けたのはウクライナのチェリーナレフカ専門パブ。

赤と黒を基調にした、レトロアメリカン調の小さな店内にはナレフカが所狭しと並び、オールスタンディングの店内からお客さんが外にまではみ出して、寒い小雪の降る中誰もが足高グラスを片手に立ち飲みしている。

提供する商品はチェリーのナレフカのみ。

 

旅する支配人にはとてもスタイリッシュでカッコよく映りました。

注文するとバーに並々注がれたナレフカが置かれ、

ウォッカに漬かったチェリーは要るか?」と聞かれます。

欲しいというと

「グラスを持たず顔を出してこれをひとくち飲んで!」と言われ、

溢れた日本酒のグラスに口をつける様にひとくち飲むと、

「強いから気をつけてね」と言われてそのグラスにチェリーをいくつか入れてくれました。

 

若者中心的絶対的な人気がある様で、キエフ(キーウ) だけでなくリヴィウ (ルヴフ) にもありました。

さらに国境を越えて行った先のポーランドの都市にもいくつも支店があり、人気のほどが伺えました。

 

行く先々で若者がこの赤い酒を手に、店の外にはみ出して談笑している姿はイギリスやアイルランドのパブに通ずる光景で親近感が湧きました。

 

バーやレストランでごく日常的に提供されているナレフカ

フラッと入ってみたバーでもウォッカリストにストロベリーウォッカラズベリーウォッカなどがあり、キウイのウォッカなんてのもありました。

飲んだ感じは、つまりナレフカでした。

大体はキリッと冷えた少し大きめのショットグラスで提供されてました。

f:id:oldarrow:20220404104736j:plain

可愛らしいウクライナの伝統的な家屋をイメージしたレストラン

 

キエフで入った可愛い伝統料理のレストランで「伝統的なスタイルのフレーバーウォッカです」と言って薦められたものもおそらくナレフカでした。

二種類飲みましたがどちらも、多分何種類かの果実やハーブを漬けてる様な感じで、とても美味しかったのですが、味が複雑すぎて何を漬け込んでいるのかさっぱり分かりませんでした。

 

ポーランドクラクフには有名なナレフカ専門バーがあったのですが、混んでて入れなかったのが悔やまれます。

 

ナレフカはどこのお店も基本ホームメイドです。

もちろんオールドアロウのナレフカもホームメイド。

お立ち寄りの際は是非一度お試しください。

スタイリッシュに立ち飲みでやるのがお勧めです!

 

※ 2024年現在店頭での提供は終了しています。

 

--- British Pub 'The Old Arrow' Tavern Since 2017 ---

JR西荻窪北口を左へ直進3分、右手の半地下でお待ちしております

東京都杉並区西荻北 3-14-2 B1/☎️03-5303-9310

 

👉Twitter https://twitter.com/The_Old_Arrow

👉Twitter (持ち帰り専用)  https://twitter.com/OldArrowKitchen

👉Instagram https://www.instagram.com/oldarrow_tavern/

👉Facebook https://www.facebook.com/oldarrow

👉Web shop https://oldarrow.theshop.jp/

 

2022年4月の営業時間

2022年4月の営業は

平日18:00から23:00

土日16:00から23:00

ラストオーダー22:00

となります。

 

従業員が不足しており現在上記営業時間が精一杯な状況です。

f:id:oldarrow:20220329122333j:image

 

休業要請や時短要請を受けて、飲食店ではアルバイトを解雇したりシフト減らしたりせざるを得なかったので、現在はどこのお店も人手が足りず募集難の様です。

 

営業時間、臨時休業の変更については逐次SNSにてお知らせ致します。

オールドアロウ卒業式

今日アルバイトの志士が二人卒業しました。

ひとりは18歳から働き初め、大学在学の4年間ずっと働いてくれました。

もうとりはその友人で、紹介で途中から入ってくれて、ブランクなどあったものの、この度同じく学業卒業/就職に伴いオールドアロウのアルバイトを退職致しました。

 

本当によく働いてくれて、お客さんからも好かれ、感謝ばかりです。

 

本日はささやかな送別会を催すために、お店を20時閉店と致しました。

ご愛顧頂いてる皆様にはご迷惑をおかけしたおともに、ご協力頂き感謝しております。


f:id:oldarrow:20220328022907j:image

送別会には18歳の頃からから働いてくれていた子のご家族も全員いらっしゃって、ご厚意で参加者に赤飯の振る舞って頂きました。

本当に目出度い限りでございます。

 

送別会はとても楽しく過ごしました。

今後はふたりが社会で活躍し、これからの日本を牽引する力になってくれる事を楽しみに見守りたいと思います。

 

本当にありがとう!

あなたたちにとって良き未来が待っていることを、心から願っています。

 

 

本格的な🇬🇧イギリス料理の持ち帰りが出来ます

本場の方々が「すべて完璧!」と言ってリピートする英国料理

西荻窪の英国PUB「The Old Arrow 🏹」では2022年3月14日から「オールドアロウのブリティッシュフード キッチン」と称して、本格的な英国料理のテイクアウト (イギリスではTake Away) を再開しました。

f:id:oldarrow:20220324235755j:plain

本国の方々が「すべてが完璧!」と太鼓判を押すオールドアロウの英国パイたち

 

COVID-19の影響で持ち帰りを始めたお店は多いと思いますが、オールドアロウもそのひとつです。

 

持ち帰りの利用を開始したり、中止したり、再開したり、始めてからコロコロ変わってましたが、なにぶん店内でご利用頂く分を作るのが精一杯な小さな厨房ですので、設備増強とオペレーションを確立するまでは常時持ち帰り対応というのなかなかは難しい状況でした。

このたび設備を少し増強したのと、オペレーションを見直したことにより準通常営業と持ち帰り両立の見通しが立ち、持ち帰りを一新再開致しました。

 

イートインとは違った気軽な持ち帰りスタイル

今回はメニュー構成も「軽く一品」や「今晩の夕食に添える一品」という様な気軽な料理と、それに見合った分量にアレンジしたものを提供する様になりました。

 

イギリス料理は「ひとりワンプレート」が基本。

英国の居酒屋つまりPUBでも、料理を提供するお店は多いですが、日本と違って料理をつまみながら飲む習慣はありません。

 

食事は食事という考え方なので、ワンプレートで食事が完結するボリュームのある料理が特徴的です。

f:id:oldarrow:20220324235740j:plain

オールドアロウの店内で提供されている「ステーキ&エールパイ」

 

オールドアロウでも英国のスタイルに則ったワンプレートのメイン料理がたくさんあり、前回までの持ち帰りでは、これを何とか箱に詰めよう!と苦心していました。

 

しかし今回からは発想を変えて「気軽に持って帰ってもらえる英国料理」にしました。

 

例えば当店開業時から変わらずのイチ押しメイン料理「ステーキ&エールパイ」(旧名ステーキ&マッシュルームパイ) は付け合わせやチップス、グレイビーソースなどを省きパイだけ単品の持ち帰となりました。

f:id:oldarrow:20220324235743j:plain

f:id:oldarrow:20220324235733j:plain

持ち帰り用はパイ単品、中にぎっしり詰まった牛肉は変わってません

 

「コテージパイ」も開業当時から変わらぬ人気の料理ですが、皆さんのその他のおうちゴハンたちと一緒に楽しんでもらえる様に、店内提供のおよそ半分程度のボリュームにリサイズしました。f:id:oldarrow:20220325014949j:image

たっぷりの牛挽肉の上にチーズとマッシュポテトを被せて焼くコテージパイ

 

ホットウォータークラストという日本では珍しいパイ生地を使い、焼いた後にゼリーを流し込む英国メルトンモウブレイの伝統的なスタイルそのままの「ポークパイ」は、持ち帰り部門では圧倒的な人気です。

f:id:oldarrow:20220324235720j:plain

手間と時間がかかるけど抜群に美味しいポークパイ

 

チキンとマッシュルームをサイダー (イギリスの林檎酒) で煮込んだホワイトソースのクリーミーなパイ「チキン&サイダーパイ」も、ステーキパイとは違った美味しさで人気です。

f:id:oldarrow:20220324235749j:plain

チキンパイも持ち帰りはこの様にパイ単品

 

イギリス料理といえば?

ぴんと来ない方も多いかもしれませんが、実はパイがとても美味しいんですよ!

そんなイギリスのパイを中心に、(仕込みの都合で) ランダムに5種類ぐらいの小規模メニューを日替わりで回して行こうと思ってますので、ぜひ気軽にご利用くださいませ。

 

その日のメニューなどは主にオールドアロウの持ち帰り専用Twitterアカウントで発信予定です。

 

オールドアロウの持ち帰り専用Twitterアカウント

 

もちろん店内で食べていただくのが一番美味しい状態です!

日本ではなかなか手に入らない英国の調味料などもあります。

f:id:oldarrow:20220324235712j:plain

ブラウンソースやイングリッシュマスタードなど料理に合わせてお使いください


美味しいイングリッシュ エールや、ハンドポンプのリアルエールを飲みながら、イギリスの方々が納得する「本場の味」をお楽しみくださいませ。

 

※ 2024年現在お料理の持ち帰りは終了しております。

 

 

--- British Pub 'The Old Arrow' Tavern Since 2017 ---

JR西荻窪北口を左へ直進3分、右手の半地下でお待ちしております

東京都杉並区西荻北 3-14-2 B1/☎️03-5303-9310

 

👉Twitter https://twitter.com/The_Old_Arrow

👉Twitter (持ち帰り専用)  https://twitter.com/OldArrowKitchen

👉Instagram https://www.instagram.com/oldarrow_tavern/

👉Facebook https://www.facebook.com/oldarrow

👉Web shop https://oldarrow.theshop.jp/

 

 

新しく引っ越してきたオールドアロウのパブリカンです

自粛、緊急事態宣言、蔓延防止等特別措置が明け、

お店もいろいろ変わりました。

変えざるを得ない部分、

変えたいと思った部分、

適応するために変わっていった部分、

いろいろありますので

 

心機一転致しまして、

こちら「はてなブログ」にお引っ越ししてまいりました。

 

↓これは旧居のブログです。

ameblo.jp

旧ブログは心機一転のためにほとんど投稿を消してしまいました。

 

実はそんなに深い意味もなく、

ただアメブロのブログサービスが個人的に

扱いづらい、見づらい

と、これが引っ越しの最大の理由でございました。

 

それでは今後とも宜しくお願い致します。